岡山県信用保証協会の概要

経営理念

私たち岡山県信用保証協会は、中小企業の皆さまとともに歩み、未来への可能性と創造力を積極的に支援し、地域社会の発展に貢献いたします。
 信用保証協会には下記の「信用保証事業の基本理念」があります。
この精神をより発展させ、当協会の存在価値や社会的意義を一層明確にし、その使命を全うするため、経営理念を上記のとおり定めます。
信用保証事業の基本理念
 信用保証協会は、事業の維持・創造・発展に努める中小企業に対して公的機関として、その将来性と経営手腕を適正に評価することにより、企業の信用を創造し、「信用保証」を通じて、金融の円滑化に努めるとともに、相談、診断、情報提供といった多様なニーズに的確に対応することにより、中小企業の経営基盤の強化に寄与し、もって中小企業の振興と地域経済の活力ある発展に貢献します。

経営ビジョン

「中小企業の可能性を力強くアシストする信用保証協会」
 信用保証協会は、設立当初より多くの中小企業者の皆さまと金融機関のかけ橋の役割を果してまいりました。
中小企業者を取り巻く環境が大きく変化する今日、お客さまの実情に即したきめ細やかで弾力的な経営支援に努めていくとともに、地域経済の持続的な成長に貢献していけるよう、より一層地域に密着した取り組みが重要と考えております。
信用保証協会が中小企業者の皆さまの良きパートナーとなれるよう、「ガンバル中小企業者の可能性を力強くアシストする信用保証協会」を目指してまいります。

経営姿勢 5つのシン

経営理念に基づき、あるべき姿を5つの「シン」で表しております。
「新」…新しい可能性を育む協会。「真」…真摯・進取の気象で取り組む協会。「進」…進化していく協会。「親」…親しまれる協会。「信」…信頼される協会

行動規範 5つの指針

経営理念に基づき、取るべき指針を定めました。
ページのトップへ